フィリピン沖で油流出対策訓練 海保、沿岸警備隊などと合同

フィリピン沖で油流出対策訓練 海保、沿岸警備隊などと合同

 【ダバオ共同】日本の海上保安庁とフィリピン沿岸警備隊、インドネシア海運総局が3日、フィリピン南部ミンダナオ島ダバオ沖で、航行中のタンカーからの油流出事故を想定して対策訓練を実施した。海保は油防除の専門隊員を派遣し、技術指導を通じて両国の対処能力向上を支援する狙いだ。

 海に囲まれたフィリピン、インドネシアの周辺はタンカーの往来が多く、油流出事故を巡っては国境を越えた対策が急務となっている。

 訓練は、旅客船が燃料油を積んだタンカーに衝突し、タンカーが炎上したとの想定で実施した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索