ペンス氏らが米大統領に加勢 「人種差別」、高まる批判

 【ワシントン共同】トランプ米大統領が民主党の非白人議員4人に「国へ帰れ」などと発言し、米国内で人種差別だとの批判が高まる中、ペンス副大統領らが21日、加勢に乗り出した。4議員への批判の正当性を訴え、トランプ氏への「人種差別主義者」との批判の沈静化を狙うが、関心は高まり続け、過熱する論争の行方は見通せない。

 ペンス氏は21日放送のCBSテレビのインタビューで「何百万もの米国人が大統領の不満を共有している」と強調。メキシコ国境の不法移民収容施設をナチス・ドイツの強制収容所になぞらえたオカシオコルテス下院議員らを批判する正当性を力説した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索