日韓の「正気」取り戻せ 米紙、政府に仲裁促す

 【ニューヨーク共同】米紙ニューヨーク・タイムズ電子版は23日の社説で、深刻化する日韓対立について「中国と北朝鮮以外の全員が損失を受ける」と指摘し、トランプ米政権が日韓に「強い圧力をかけて正気を取り戻させるべきだ」と本格的な仲裁に乗り出すよう訴えた。

 同紙は、韓国と日本の軍事情報包括保護協定(GSOMIA)破棄は、東アジア地域の「重要な情報源を弱体化させる」と懸念。対立により日韓両国の経済や安全保障だけでなく、東アジア地域の米国の利益も損なわれると危機感を表明した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索