韓国が竹島防衛で合同訓練 輸出規制強化への対抗措置か

韓国が竹島防衛で合同訓練 輸出規制強化への対抗措置か

 【ソウル共同】韓国海軍は25日、島根県の竹島(韓国名・独島)の防衛を想定して毎年行っている合同訓練を同日始めたと明らかにした。26日まで実施する。日本政府は、外交ルートを通じ韓国に「竹島は日本固有の領土だ。訓練は到底受け入れられない。極めて遺憾で、中止を強く求める」と抗議した。

 韓国国防省関係者によると、訓練の一環で軍部隊が竹島に上陸した。訓練での軍の上陸が公表されるのは2016年12月以来で、文在寅現政権では初。

 韓国は昨年6月と12月に訓練を実施し、今年も当初6月に行う予定だったが、日韓関係への影響を考慮して見送ってきた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索