アオザメ国際取引を規制へ かまぼこ材料、日本留保か

アオザメ国際取引を規制へ かまぼこ材料、日本留保か

 【ジュネーブ共同】ジュネーブで開催中のワシントン条約締約国会議は25日の委員会で、日本でかまぼこやフカヒレの材料に使われるサメの一種アオザメを新たに国際取引の規制対象とし、条約の付属書2に加えることを決めた。全体会合で正式決定すれば、国内に持ち込む際に輸出国の許可証と、種の保全に影響がないことを示す自国政府の証明書が必要となる。

 ただし委員会の投票で賛成した国は決定に必要な数をやや上回る程度だったため、28日までの会期中に再投票が行われて結論が変わる可能性もある。条約の規定では締約国は特定の種の規制を受け入れない「留保」が可能で日本は適用を検討している。


関連記事

共同通信の他の記事もみる
主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索