ブーン・ピケンズ氏死去 米著名投資家

ブーン・ピケンズ氏死去 米著名投資家

 ブーン・ピケンズ氏(米著名投資家)米メディアによると、11日に死去。91歳。死因は不明。

 28年、オクラホマ州生まれ。大学卒業後に石油会社に入り、石油の掘削などを行う会社を設立した。次第に投資に軸足を移し、80年代には相次いで米石油大手の買収に乗り出した。いずれも失敗したが、保有株の売却で巨額の資産を築いた。

 「乗っ取り屋」と呼ばれ、日本では80年代末から90年代初めにかけて自動車部品メーカーの小糸製作所の株を買い占めた。ピケンズ氏は役員を派遣しようとしたが、小糸側が拒否したため「日米投資摩擦」として話題になった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

経済 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

経済 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索