米長官、日韓に建設的対話促す 茂木氏と電話会談

 【ワシントン共同】ポンペオ米国務長官は16日の茂木敏充外相との電話会談で、対立が続く日韓関係に関し「両国には建設的な対話が必要だ」との考えを伝えた。国務省のオルタガス報道官が同日、明らかにした。茂木氏の外相就任に伴って、対立緩和に向けた取り組みを改めて促した形だ。

 米政府は、韓国が日本とのGSOMIAの破棄を決めたことに強く反発し、日米韓の安全保障面での連携が乱れることを警戒している。

 ポンペオ、茂木両氏は、イランに接するホルムズ海峡の安全確保に向けた米主導の有志連合構想についても意見を交わした。ポンペオ氏は日本に貢献を期待する立場を伝えたとみられる。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索