米補佐官後任に国務省高官 オブライエン人質担当特使

米補佐官後任に国務省高官 オブライエン人質担当特使

 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、国家安全保障問題担当の大統領補佐官から解任したボルトン氏の後任に、国務省で人質問題を担当するオブライエン大統領特使を任命する考えを表明した。ポンペオ国務長官もオブライエン氏を推していたとされ、政権内でのポンペオ氏の影響力が強まるのは確実だ。

 オブライエン氏はブッシュ(子)政権下の2005年、国連総会の米国代表として、当時国連大使だったボルトン氏とも働いた経験がある。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索