殺傷能力の高い銃の生産中止 米老舗コルト、所持権利は主張

殺傷能力の高い銃の生産中止 米老舗コルト、所持権利は主張

 【ロサンゼルス共同】米老舗銃器メーカー、コルトは19日、殺傷能力の高いAR15型ライフル銃について、一般向けの生産を中止すると発表した。米国で多発する銃乱射事件で使用されるケースが多く、風当たりが強まっていたことを受けた措置とみられる。

 同社は市場における需要減少が理由と説明し、軍などから委託された製造は続けると主張。さらに銃所持の権利を認める合衆国憲法修正第2条は守ると強調し、保守派や有力ロビー団体の全米ライフル協会(NRA)と同じ立場にあることをアピールした。一般向け拳銃などの製造も続けるとしている。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索