トルコ、作戦再開を警告 シリア北部撤退の不履行で

トルコ、作戦再開を警告 シリア北部撤退の不履行で

 【イスタンブール共同】トルコのエルドアン大統領は18日、米国と17日に合意したシリア北部停戦の内容が「少しでも守られない」場合は、22日までの5日間、一時停止するとした軍事作戦を再開すると警告した。敵視するシリアのクルド人勢力が国境地帯から撤退する必要性を強く主張した。共同通信など一部外国メディアとイスタンブールで会見し、述べた。

 トルコが9日に侵攻したシリア北部では、停戦合意後も戦闘が続いたと伝えられている。エルドアン氏は「問題は起きていない」と否定したが、22日までは緊迫した状況が続きそうだ。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る