韓国首相、留学生の慰霊碑に献花 日韓関係改善に意欲

 韓国の李洛淵首相は22日、東京都新宿区のJR新大久保駅で、2001年にホームから転落した人を助けようとして電車にはねられ死亡した韓国人留学生李秀賢さん=当時(26)=とカメラマン関根史郎さん=同(47)=の慰霊碑に献花し、黙とうした。現場で「人間愛は国境を超えることをお二人は示してくれた。そうした献身の心を悼むために来た」と話した。

 皇居で「即位礼正殿の儀」に参列した後、同駅を訪れた。日韓友好の象徴的存在である犠牲者を追悼し、両国関係の重要性と改善への意欲を示す狙いとみられる。

 安倍晋三首相との会談に向け「対話を促進すべく言葉を交わしたい」とも述べた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る