近代五輪提唱の原稿が競売へ 19世紀末クーベルタン男爵

近代五輪提唱の原稿が競売へ 19世紀末クーベルタン男爵

 【ニューヨーク共同】「近代五輪の父」フランスのクーベルタン男爵が1892年、五輪開催を提唱した講演の手書き原稿がニューヨークで12月に競売に掛けられる。競売大手サザビーズが22日、発表した。落札予想価格は70万〜100万ドル(7600万〜1億800万円)。

 原稿は14ページ。茶色に変色した紙にフランス語で書かれている。いったん書かれた後に手直ししたとみられる書き込みが多くあり、推敲を重ねた様子がうかがえる。公開されるのは初めてという。

 講演はパリで行われ、クーベルタンは進歩的な社会運動の一環として、古代オリンピックを欧米諸国で復活させようと訴えた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る