香港政府、逃亡犯条例を正式撤回 議会で宣言、抗議活動収束は不明

香港政府、逃亡犯条例を正式撤回 議会で宣言、抗議活動収束は不明

 【香港共同】香港の立法会(議会)で23日、治安トップの李家超保安局長が、4カ月以上続く抗議活動の発端となった4月提出の「逃亡犯条例」改正案について「政府の立場をより明確にするため、撤回を正式に宣言する」と表明した。政府トップの林鄭月娥行政長官は9月4日に改正案撤回を表明したが、デモ隊側の要求は普通選挙の導入など「五大要求」全ての実現にまで拡大しており、今回の正式撤回によっても抗議活動の収束は見通せない。

 一方、英紙フィナンシャル・タイムズは10月23日、関係筋の話として、中国政府が林鄭行政長官を更迭し、暫定の行政長官を据えることを検討していると報じた。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る