ロシア、アフリカ回帰強める 43カ国首脳集め初サミット

 【モスクワ共同】ロシアのプーチン大統領は23日、南部ソチでアフリカ諸国首脳らを集めて初の「ロシア・アフリカ首脳会議」を開いた。ソ連崩壊後、関係が疎遠になっていた地域の国々に対し、ロシアは武器、食料などの輸出を軸に関係強化に動いており、首脳会議は「アフリカ回帰」の象徴となる。

 ロシア大統領府によると、24日までの会議には43カ国の大統領ら首脳、11カ国の副大統領や外相らが出席する見込み。

 プーチン大統領はタス通信とのインタビューで、アフリカは「可能性を秘めた大陸」であり、欧州、米国、中国、日本が関係を強化していると指摘。ロシアも進出を加速する意向を示した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る