インフルエンザ流行入り 例年より約1カ月早く

インフルエンザ流行入り 例年より約1カ月早く

 厚生労働省は15日、今季のインフルエンザの全国的な流行が始まったと発表した。例年並みだった昨年より1カ月ほど早い。全国約5千の定点医療機関から4〜10日の1週間に報告された患者が1機関当たり1.03人となり、流行入り判断の目安となる1人を超えた。

 都道府県別で1機関当たりの患者が多いのは沖縄(4.45人)、鹿児島(2.66人)、青森(2.48人)、長崎(2.31人)、福岡(2.03人)。直近5週間に検出されたウイルスは、ほとんどが2009年に新型として流行したA型だった。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る