試合中の発砲で男6人訴追 米アメフト、3人負傷

 【ニューヨーク共同】米東部ニュージャージー州の高校で15日夜、アメリカンフットボールの試合中に起きた発砲事件で、地元検察当局は16日、殺人未遂などの容疑で26〜31歳の男6人を訴追した。うち1人は重傷。当局は「事件はささいな仕返しから起きた。高校生とは関係がない」としている。

 発砲事件による負傷者は計3人に上った。うち10歳の少年が重体で、15歳の少年が軽傷。重傷を負った27歳の男は、自らも拳銃を不法所持していたとして訴追された。

 事件は15日夜、同州アトランティックシティー近郊にあるプレザントビル高校のグラウンドで発生した。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る