ローマ法王、日本とタイ歴訪開始 「友好の絆強める」とメッセージ

ローマ法王、日本とタイ歴訪開始 「友好の絆強める」とメッセージ

 【バンコク共同】ローマ・カトリック教会の頂点に立つ法王フランシスコは20日、タイの首都バンコクに到着、日本との2カ国歴訪が始まった。21日にタイのワチラロンコン国王や同国仏教界のトップ、大僧正と会談する。

 法王は歴訪開始に先立ちビデオメッセージを出し、多様な民族が住むタイの人々の「寛容と調和」の価値観をたたえ、同国との「友好の絆を強めたい」と強調。「異なる宗教との対話は分断を乗り越える助けとなる」と述べた。

 法王はタイ訪問の後、23〜26日に日本に滞在。24日に被爆地の広島と長崎を訪問し核兵器廃絶を訴え、25日には東京で東日本大震災の被災者らと交流する。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る