ビタミン剤を自主回収 第一三共ヘルスケア

 第一三共ヘルスケア(東京)は20日、ビタミン剤「新エバユースB26」と「NEWエバレッシュB26」で、肌の健康を保つ成分「ビオチン」の量が厚生労働省の承認規格を下回っていたとして、自主回収すると発表した。重い健康被害の恐れはないとしている。

 長期保存している商品の定期的な成分試験で発覚した。使用期限は3年で、12カ月目の試験で下回った。回収対象は2018年11月16日〜19年8月26日に出荷したもので、新エバユースB26の60錠入りの製造番号「8H105」など。問い合わせは通話無料のエバユース/エバレッシュ回収受付窓口、電話(0120)203278。


関連記事

共同通信の他の記事もみる

あわせて読む

主要なニュースをもっと見る
社会のニュースをもっと見る
経済のニュースをもっと見る
政治のニュースをもっと見る
国際・科学のニュースをもっと見る
エンタメのニュースをもっと見る
スポーツのニュースをもっと見る
トレンドのニュースをもっと見る
生活術のニュースをもっと見る
地域のニュースをもっと見る

国際・科学 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

国際・科学 新着ニュース

新着ニュース一覧へ

総合 アクセスランキング

ランキングの続きを見る

東京 新着ニュース

東京の新着ニュースをもっと見る

東京 コラム・街ネタ

東京のコラム・街ネタをもっと見る

特集

特集一覧を見る 動画一覧を見る

記事検索

トップへ戻る