国立天文台は15日、2017年に日本の広い範囲で目撃された明るい流星が、地球に近い軌道を飛ぶ小惑星から放出されたかけらだったと発表した。流星の多くは彗星の尾が地球の大気圏に突入したものだが、小惑星由来だと判明するのは珍しい。小惑星は遠い将来、地球に衝突する可能性もあるという。

 流星は17年4月29日未明、関西を中心に北陸や関東で、北東から南西の空へと流れるのが目撃された。国内12カ所の監視カメラがこれを捉え、国立天文台が観測データを解析。

 経路や速度などを分析し、03年に地球に接近、発見された小惑星から放出されたとみられることが分かった。