【ジュネーブ共同】世界気象機関(WMO)は15日、2019年の世界の平均気温が観測史上2番目に高かったと発表した。15〜19年の5年間、10〜19年の10年間の平均気温はいずれも過去最高。10年間平均は1980年代以降、過去最高を更新し続けており、地球温暖化の進展を裏付けている。

 WMOは昨年12月3日、国連気候変動枠組み条約第25回締約国会議(COP25)に合わせ、19年の平均気温が「観測史上2番目か3番目になる」と予測していた。過去最高は16年。19年は産業革命前と比較すると、1.1度上昇した。