【ニャチャン共同】東南アジア諸国連合(ASEAN)外相会議の主要日程が16日、ベトナム中部ニャチャンで始まった。今年のASEAN議長国を務めるベトナムが主催する初の閣僚級会合で、17日まで開かれる。一部加盟国が中国と領有権を争う南シナ海問題のほか、ミャンマーのイスラム教徒少数民族ロヒンギャ迫害問題が焦点だ。

 南シナ海を巡っては昨年12月、中国漁船が当局の警備艇を伴い、インドネシアの排他的経済水域(EEZ)で違法操業していた疑いが浮上。議長国ベトナムは中国批判の急先鋒で、ASEANがより厳しい姿勢を打ち出す可能性もある。