【香港共同】香港政府の林鄭月娥行政長官は16日、中国統治下の香港に高度な自治を保障した「一国二制度」について、「『一国』の原則を守れば(中国への返還50年後の)2047年以降も変わらないと信じる」と表明した。

 香港が1997年に英国から中国へ返還された際に導入された一国二制度について香港基本法(憲法に相当)は、返還後「50年不変」と規定するが、それ以降には触れておらず、民主派を中心に「完全に中国化する」との懸念が根強い。

 林鄭氏は立法会(議会)で「抗議デモを続ける若者らは、47年以降も一国二制度が続くのかどうかを心配している」との議員の質問に答えた。