【モスクワ共同】ロシア訪問中の北村滋国家安全保障局長は16日、プーチン大統領を表敬訪問した。タス通信によると、モスクワ郊外にある公邸でプーチン氏は「ロシアと日本の関係が前向きに発展していることは喜ばしい」と表明。安倍晋三首相との今後の会談予定を話し合いたいと語った。

 北村氏は、日ロ両国は東アジアの安全保障に責任を負っているとし、戦略的な協力関係が発展していくことに賛同した。異例の表敬訪問を受け入れたプーチン氏に謝意を示した。

 パトルシェフ安全保障会議書記やウシャコフ大統領補佐官が同席した。