中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を受け、現地に滞在する邦人206人を乗せた日本政府の全日空チャーター機が29日午前、武漢から羽田空港に到着した。退避第1陣。東京都によると、4人に発熱やせきの症状があり、大田区の荏原病院で受け入れた。中国政府は中国本土の感染者が5974人に上ったと発表した。2002〜03年に大流行した重症急性呼吸器症候群(SARS)の感染者数を上回った。中国本土の死者は132人となった。

 安倍晋三首相は参院予算委員会で「政府の最大の使命は国民の生命を守ることだ。しっかりと拡大防止に向けて全力を尽くす」と述べた。