【北京共同】中国政府は11日、春節(旧正月)の連休終了に伴い、Uターンが続く18日までの間に約1億6千万人が職場復帰のため移動する見込みであることを明らかにした。ただ、新型コロナウイルスの感染拡大の影響で交通が混乱し、マスクなどの必要物資も不足しており、企業の活動再開を制約しそうだ。

 経済の司令塔である国家発展改革委員会は11日の記者会見で、防疫措置による交通の乱れなどで出稼ぎ労働者の復帰が遅れており、マスクなどの不足も深刻だと認めた。

 マスクを生産する企業の76%が10日時点で活動を再開したという。主要なエネルギー産業である炭鉱の再開率は58%止まり。