安倍晋三首相は12日午前、全閣僚が出席する新型コロナウイルス感染症対策本部会合を官邸で開き、感染の国内拡大を阻止するため、これまでの中国・湖北省に加え、浙江省に滞在していた外国人の入国を拒否すると表明した。効力は13日午前0時に発生する。

 首相は「事態は時々刻々と変化しており、より包括的で機動的な水際対策を講じることが不可欠だ。先手先手で対策を総動員してほしい」と指示した。国家安全保障会議(NSC)の緊急事態大臣会合も持ち回りで開催した。

 外務省は、浙江省の感染症危険情報を「渡航中止」を勧告するレベル3に引き上げる検討を始めた。