【プノンペン共同】新型コロナウイルス感染の疑いを巡り日本などに入港できなかった香港発のクルーズ船「ウエステルダム」が13日、カンボジア南部シアヌークビル港沖に到着した。地元当局者が明らかにした。乗客乗員の健康状態など船内の状況確認を経て接岸し、乗客は下船して順次帰途に就くとみられる。

 ウエステルダムには日本人5人を含む約2300人が乗っている。1日に香港を出発し、台湾を経て日本に到着する予定だったが、日本政府が新型コロナウイルスによる肺炎を発症した恐れのある人が確認されたとして入港を事実上拒否した。