【香港共同】香港紙、蘋果日報は13日、新型コロナウイルスの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」について、乗客の香港人夫婦の家族が、毎日数十人の感染が確認され「ミニ武漢だ」と指摘し、感染拡大が深刻な中国・武漢市に近い状態であるとの危機感を示していると報じた。

 同紙によると、香港人約200人が乗船している。夫婦の子どもがフェイスブックで「母親が少し前に発熱したときも医者に診てもらえなかった」などと不安を表明し、香港政府が支援を拒否していると批判。「今後1週間(の対応)が船上の香港人の生死の鍵を握る」と訴えた。