政府は13日、新型コロナウイルス感染症対策本部会合を首相官邸で開き、緊急対策の第1弾を取りまとめた。安倍晋三首相は、品薄が続くマスクの増産を支援し、1月の2倍に当たる月産6億枚超の供給力を確保すると表明。14日の閣議で決定する2019年度予算の予備費103億円を含む総額153億円の対応策を実行すると明らかにした。感染の疑いのある人を外来で診察する医療機関を各都道府県に設置するよう要請し、財政支援を行う。

 緊急対策では、予約キャンセルが相次ぐ旅館などの経営者に通常と別枠で融資する。マスク増産の設備投資には、1社につき3千万円を上限に補助金を出す。