新型コロナウイルスによる肺炎拡大を受け、横浜港に停泊するクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員約3400人のうち、陰性が確認された80歳以上の希望者の下船が14日から始まる。政府関係者によると、下船は午後で10人前後となる見込み。政府は乗客らの体調悪化への懸念から全員待機の方針を転換した。

 厚生労働省によると、対象となるのは80歳以上の乗客で、持病がある人や、窓がないか開閉できない窓のある部屋に滞在する人。同室に滞在する人も含まれる。検査して陰性が確認された人のうち希望者を下船させる。

 船内には、80歳以上の乗客が約200人いる。