奈良県は14日、同県田原本町の「社会福祉法人愛和会 宮古保育園」で、園児と職員の計92人がインフルエンザに集団感染したと発表した。0歳児〜5歳児の全クラスで発症し、園児2人が入院したが快方に向かっているという。

 県によると、2日以降、園児215人のうち82人、職員42人のうち10人が発症し、14日朝の時点で園児60人、職員3人の発熱やせきなどの症状が続いている。保健所は手洗いや消毒の徹底のほか、保護者に登園自粛を周知するよう指導した。