【シンガポール共同】マレーシア政府は20日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、住民の外出を原則禁止した「活動制限令」を徹底させるため、22日から国軍を動員することを決めた。

 マレーシアでは18日、2週間の活動制限令が施行され、日用品の買い出しなどを除き、外出が禁止された。スーパーや薬局など生活に不可欠な店舗以外は休業。飲食店は食品の持ち帰りに限って営業が認められている。

 マレーシア警察は一部の道路を封鎖し、住民に自宅にとどまるよう呼び掛けていたが、順守しない人が後を絶たず、政府は態勢の強化が必要と判断した。

 同国では東南アジアで最多の900人が感染。