国内での新型コロナウイルス感染拡大を防ぐため、欧州各国とエジプト、イランの計38カ国からの入国制限が21日始まった。発行済み査証(ビザ)を無効とし、空港などでの検疫態勢も強化する。日本人を含め、到着した人には滞在先の自宅やホテルを申告してもらい、2週間待機を要請。移動に公共交通機関を使わないよう求めている。

 9日から実施した中国と韓国からの入国制限では、航空機の到着地を成田、関西両空港に集約したが、21日からの入国制限強化では、到着できる空港を限定しなかった。国土交通省によると、対象となった欧州各国などとの便がある空港は限られるためとしている。