【北京共同】北朝鮮の朝鮮中央通信は22日、金正恩朝鮮労働党委員長が21日、「戦術誘導弾」の発射実験を視察したと伝えた。北朝鮮は同日、北西部から短距離弾道ミサイルとみられる飛翔体2発を発射しており、これを指すとみられる。