【北京共同】北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は22日、北朝鮮が21日に発射したミサイルの写真を掲載した。昨年2回にわたり発射した米国の戦術地対地ミサイル(ATACMS)に似た新型短距離弾道ミサイルであることが判明した。