【ホノルル共同】米ハワイ州ホノルル市のコールドウェル市長は22日、新型コロナウイルスの感染拡大抑止に向け、オアフ島の住民を対象に23日夕方から原則として自宅で過ごすよう求める外出禁止令を出した。マウイ郡も22日、マウイ島の住民に同様の措置を取ると発表した。期間はいずれも4月30日まで。

 ハワイ州のイゲ知事は21日、実質的な入域規制に当たる訪問者全員の検疫義務化を26日から実施すると発表。カウアイ島でも夜間の外出禁止措置が取られており、州内各地で対策強化が進められている。

 ハワイ州保健当局によると22日現在、同州の感染者は56人に上っている。