【北京共同】中国湖北省政府は24日、新型コロナウイルス感染症の拡大を防ぐために同省武漢市を事実上封鎖していた措置を、4月8日午前0時に解除すると発表した。1月23日に人の移動を制限するため武漢を出発する航空便や高速鉄道などを止めて以来、2カ月半ぶりとなる。

 習近平指導部は最も被害が深刻な武漢でも抑え込みが一定の効果を上げたと判断し、経済活動の復旧を急ぐ方針とみられる。

 省内の他都市も1月下旬から封鎖されていたが、今月25日午前0時に解除する。スマートフォンで個人情報や健康状態を申告する「ヘルスコード」で問題がないと証明できれば湖北省を離れることができる。