【ワシントン共同】米与党共和党を昨年離党し、無所属となったジャスティン・アマーシュ下院議員(40)は28日、11月の大統領選出馬に向けた準備委員会を設立したと発表した。第3政党リバタリアン党の候補指名を目指す。出馬すればトランプ大統領が支持基盤とする保守票を一部奪う可能性がある。

 アマーシュ氏は昨年、トランプ氏のロシア疑惑報告書を受けて離党した後、ウクライナ疑惑を巡る弾劾訴追に賛成票を投じており、反トランプ色を鮮明にしている。

 CNNテレビによると、リバタリアン党は5月末に党大会を開いて大統領選の候補指名を行う予定だが、コロナの影響で延期の可能性もある。