大阪府は29日、新型コロナウイルスに感染した40〜80代の男女3人が死亡したと発表した。このうち1人は、集団感染が指摘されている第二大阪警察病院の患者の40代男性で、基礎疾患があり、死亡後の検査で感染が分かった。この男性を含め男女計44人の感染を確認。死者は39人となり、府内の検査で判明した感染者は1597人に上った。

 死亡した他の2人は、60代男性と、集団感染が疑われるなみはやリハビリテーション病院に入院していた80代女性。

 感染疑いの人に対する検査は614件実施され、陽性となった人の割合は7.2%。感染経路不明者は12人だった。