【ソウル共同】韓国・ソウル近郊の京畿道利川にある物流倉庫の工事現場で29日に起きた大規模火災について、韓国メディアは30日、完工前の倉庫内にはスプリンクラーなどの消火設備が不十分だったと報じた。30日未明までに38人の死亡が確認されており、被害拡大の要因になったとみられる。

 建物は地下2階、地上4階建ての冷蔵用の倉庫で、6月末に完工を予定していた。地下2階でエレベーター設置作業中に出火したとみられる。

 火災により発生した有毒ガスが短時間で建物全体に広まり、現場にいた人の多数が逃げ遅れたもようだ。