【パリ共同】国連教育科学文化機関(ユネスコ、本部パリ)など四つの国連機関は4月30日、新型コロナウイルス対策で休校となった学校を安全に再開できるよう指針をまとめ、発表した。一部の国が再開したが、まだ世界で約13億人の児童、生徒らが学校などに通えない状況が続いている。

 指針は、学校再開は安全確保を前提とした上で、各地域の状況に基づいて国と地方自治体が共同で決定すべきだと指摘。密集を回避するため、教室として臨時に広い空間を使ったり、授業の時間を調整したりすることなどの検討を勧めた。遠隔教育も必要に応じて組み合わせ、教員への支援や能力育成を促した。