宝ホールディングス傘下のタカラバイオ(滋賀県草津市)は1日、新型コロナウイルス感染の有無を1時間以内で判定できるPCR検査キットを発売した。月間200万検体分を供給する。同社によると、国立感染症研究所が公表している検査キットの中では最短の判定時間という。

 喉や鼻から取る検体には遺伝子の増幅を妨げる不純物が含まれているため、これまでの検査では時間がかかっていた。タカラバイオは不純物の影響を受けにくい反応液を開発し、従来の半分以下の時間で判定できるようにした。

 中国・大連市の工場で生産し、価格は100検体分で13万2千円。