米食品医薬品局(FDA)が新型コロナウイルス感染症の治療候補薬レムデシビルの緊急使用を許可したことを受け、政府は2日、早期承認のための持ち回り閣議を開催、5月中の特例承認に向けて政令の改正を決めた。

 レムデシビルをはじめ治療候補薬を巡っては、欧米など各国で安全性や有効性を調べるための臨床試験(治験)が進められているが、海外での承認、許可を条件に国内審査の手続きを簡略化する「特例承認」という制度がある。持ち回り閣議では、新型コロナの治療薬が特定の国で承認、許可された場合に、特例承認の対象とするように、医薬品医療機器法(旧薬事法)の政令改正を決定した。