【サンパウロ共同】南米ベネズエラの反米左翼マドゥロ政権によると、首都カラカス近郊の北部マクトの海岸に3日未明、反政府武装集団がスピードボートで上陸したが、治安部隊が8人を殺害し、2人を拘束、武器などを押収した。

 政権は武装集団を、政権転覆を企てて隣国コロンビアから侵入した「雇われテロリストたち」と説明。亡命したベネズエラ軍兵士らが含まれていたとみられる。