山梨県は4日、新型コロナウイルス感染が判明した後、高速バスで東京に戻った20代女性が、県内でPCR検査を受けた当日に整骨院やゴルフ練習場を利用していたと発表した。親族や友人ら計11人を濃厚接触者として検査した結果、既に感染が判明している20代男性以外は陰性だった。

 県によると、女性は2日朝に陽性の連絡を受けた後、高速バスで帰京。県には当初、1日夜に帰ったと虚偽の報告をしていた。県の担当者は女性がインターネット上で批判を受けていることについて「感染は本人の責任ではないので、配慮してほしい」と呼び掛けた。