安倍晋三首相は、新型コロナウイルス感染症への効果が期待される新型インフルエンザ治療薬「アビガン」について、今月中に薬事承認が得られるよう厚生労働省に指示した。4日の自民党役員会で明らかにした。

 この後の記者会見で、アビガンの臨床試験(治験)が既に3千例近く進んでいると説明。「こうしたデータを踏まえて有効性が確認されれば、医師の処方の下で使えるよう薬事承認したい」と述べ、5月中の承認を目指す意向を強調した。

 4日に承認申請が出された治療薬候補「レムデシビル」についても「速やかに承認手続きを進める」と述べた。