【ソウル共同】韓国のサムスングループ経営トップ、李在鎔サムスン電子副会長=贈賄罪などで公判中=が6日、ソウルで記者会見し、経営権継承などで「法や倫理を厳格に順守できず国民を失望させた」と謝罪した。

 李被告は、自身の父親からの経営権継承を巡り、政権の便宜供与を期待して当時の朴槿恵大統領=公判中=側に賄賂を提供した罪などに問われている。サムスンは、ソウル高裁の求めに応じる形で順法監視委員会を設置し、同委が李被告の反省や謝罪を勧告していた。

 李被告は、自身の子どもには経営権を引き継がないとも表明。一審と二審で判断が分かれており、反省を示す狙いもありそうだ。