【ワシントン共同】米司法省は7日、トランプ政権のロシア疑惑捜査で連邦捜査局(FBI)に虚偽証言した罪に問われた元大統領補佐官フリン被告の起訴を取り下げた。一時は罪を認め、司法取引も交わした被告の起訴取り下げは異例。「潔白」を主張し免訴も検討していたトランプ大統領の意向に沿った形となり衝撃が広がっている。

 フリン元補佐官はトランプ政権の初代国家安全保障担当の補佐官。ペンス副大統領にも誤った説明をしたとして就任1カ月足らずで辞任に追い込まれ、政権とロシアとのつながりの疑惑を深めた。

 トランプ氏は7日「こんなことは起きてはならなかった」と元補佐官を擁護した。