【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は10日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染拡大が問題視される州内の高齢者施設に対し、全職員にウイルス検査を週2回実施することを義務付けると発表した。また、川崎病とみられる症状の子ども2人が新たに死亡し、詳しく調べていると語った。これまでに3人の死亡が確認されている。

 10日の会見では、高齢者施設対策を最優先課題に掲げ、新型コロナに感染した入所者を治療できない施設は州当局に連絡することも義務付けた。

 川崎病とみられる症状の子どもは85人に達した。クオモ氏は、各州に川崎病に関する状況を説明すると語った。