【北京共同】中国政府は11日、新型コロナウイルス感染症の発症者が10日に中国本土で17人増え、計8万2918人になったと発表した。うち10人は吉林、黒竜江、遼寧の東北3省と湖北省で確認された。残りの7人は本土外から来た人で、内モンゴル自治区で確認された。

 中国では最近、吉林省舒蘭市を中心に発症者が相次いで確認されており、同市は10日に警戒レベルを「高リスク」に引き上げた。中国当局は東北部での感染拡大に神経をとがらせている。

 無症状の感染者は12人増え、10日時点で780人が経過観察中となっている。死者は増えず、計4633人。